においコンプレックスお助けサイト|ワキガ対策アカデミー

みんなの体臭コラムカテゴリー

わきがの原因

わきがと多汗症は根本的に違います。

多汗症とは、体温調節が必要のない時に大量に汗を分泌する症状です。多汗症だからわきがになるというわけではありませんが、多汗症とわきがが併発することも多いため、わきが・多汗症治療を行なうクリニックが多いのです。

そもそもわきがの原因とは?

わきがの原因になるのは、「エクリン汗腺」やよく耳にする「アポクリン汗腺」、「皮脂腺」 などの汗腺類からでる分泌物が皮膚に常にいる菌によって分解されて、異臭、いわゆるわきが臭を 発生させるのです。こういった汗腺類の分泌物が原因であるため、汗をかくとわきが臭もよけいきつくなるのですね。

わきがになりやすい体質というのもありますので詳しくはわきがになりやすい体質を参照してください。

わきがの基礎知識

わきがは、ワキの下に集中しているアポクリン汗線、エクリン汗腺から出る汗に皮脂腺の分泌物と雑菌が 混合することによって臭いが発生するもので、腋臭症ともいいます。思春期の頃から遺伝や性ホルモンなどの影響を受け、皮脂腺の活動が活発になるため、臭いも強くなります。

アポクリン腺

毛穴に開口する形で存在しています。分泌物は乳白色で脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどからなり衣類に染みを作ることもあります。 わきの下や陰部、乳首 の周り、おヘソの周り、耳の中など特定の部位に分布している汗腺です。

エクリン腺

人間のほぼ全身に分布している汗腺です。毛穴とは独立していて、比較的皮膚表面から浅いところに位置しています。 全身で約230万本あると言われ、体内にたまった熱を放出する大切な役割をしています。

皮脂線

アポクリン汗腺と同様に出口が毛穴と直結していて、皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌しています。

これらの汗の原因である汗腺と雑菌がまざりあって腐敗臭になって臭うのがわきが臭で、汗をかいた時に臭いも強くなるのです。わきが臭は人間が必ずもつ「体臭」とは全くの別物です。

また、わきがは食生活にも大いに関係しています。高カロリー、高脂肪なもの、つまり、肉類や乳製品などはわきが臭のもとになる食品といえます。 肉類はエネルギー源として欠かせない高カロリー食品で、栄養的にも優れ、たんぱく質が動物性の脂肪をたっぷりと含んでいます。

バター、チーズなど乳製品やタマゴにも同様に、脂肪酸、中性脂肪がたっぷりと含まれています。 この脂肪酸がアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激してわきが臭のもとになってしまうのです。 同様に、刺激の強い香辛料の入ったエスニック料理もわきが臭の原因になる場合があります。食生活の改善はわきが臭の軽減にもなりますので、わきがで悩んでいる人は、食事にも気をつけてみると良いでしょう。

わきがは女性に多いと言われていますが、わきがを治療する比率が男性より女性の方が多いため女性に多いと思われているようです。

多汗症の基礎知識

多汗症とは、体温調節が必要のない時に大量に汗を分泌する症状で、ワキの下だけでなく、手足・顔といった場所にも起こります。

中でもワキの下は汗をかきやすい場所のひとつです。主な症状として、ワキの下から汗が流れたり、ワキの下の黄ばみ、原色のシャツなどを着た時に出る汗じみが気になるといったことが挙げられます。

大量の汗をかくために汗のにおいをわきがでは?と勘違いしてしまう人も多いようですが、多汗症=わきがではありません。 ただ、わきがと多汗症を併発している人は非常に多いのです。

多くの多汗症患者は4、5才くらいから発症し、中学生、高校生の思春期に多汗症状が気になり始めます。 生命には全く影響のない病気ですが、発汗量が多いと、握手ができない、書字時に紙が濡れてしまう、ピアノが弾けない、車のハンドルが滑るなど日常生活に著しい障害を来たします。

多汗症は治療しなければ、自然に治るということはないと言われています。

おすすめワキガ対策商品はこちら

女性のためのわきがデオドラント【ラポマイン】

これ凄い→ わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

【医薬部外品】ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリーム【初回980円】

その他商品をチェック

わきが対策ができる病院はこちら

ゴリラクリニック 男のワキの悩みならゴリラクリニック

ワキガ・多汗症治療なら【東京美容外科】

ワキの汗・ニオイのお悩み解決「ミラドライ」【東京プラチナムクリニック】

その他病院をチェック

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

Q&A