においコンプレックスお助けサイト|ワキガ対策アカデミー

みんなの体臭コラムカテゴリー

トップページ > みんなの体臭コラム > わきが全般 > 汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

汗をかけば誰でもワキの下に汗ジミがつくものです。たいていのシミや選択をすれば落ちますが、それでも落ちない黄色い汗ジミが残るようであれば、ワキガ(わきが)の可能性があります。

ワキガ(わきが)の原因となるアポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗の成分の中の蛍光物質や色素にその原因があるからです。

アポクリン汗による汚れはタンパク質や脂質などの成分が多く含まれていて洗濯では落ちにくいのです。

洗濯したにもかかわらず、時間の経過とともに、汚れの成分が変化して汗ジミができたり、黄ばんでくることもあります。

これは落としきれなかった皮脂の汚れが、繊維のすき間で酸素を取り込んで酸化するからです。

黄ばみは黄色いシミですが、赤っぽい黄色、緑かかった黄色、青っぽい黄色など、ひとによって微妙に色合いが違ってきます。

このような汗をかく場合は「色汗症」と呼ばれ、普通の黄ばみとは区別されています。

しかし、これもアポクリン汗腺から分泌される物質の仕業ですので実質上は普通の黄ばみと同じものです。

また下着に色がつくのは市販の制汗剤が原因であることがありますので、チェックをする際は注意してください。

おすすめワキガ対策商品はこちら

女性のためのわきがデオドラント【ラポマイン】

これ凄い→ わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

【医薬部外品】ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリーム【初回980円】

その他商品をチェック

わきが対策ができる病院はこちら

ゴリラクリニック 男のワキの悩みならゴリラクリニック

ワキガ・多汗症治療なら【東京美容外科】

ワキの汗・ニオイのお悩み解決「ミラドライ」【東京プラチナムクリニック】

その他病院をチェック

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

Q&A