においコンプレックスお助けサイト|ワキガ対策アカデミー

みんなの体臭コラムカテゴリー

トップページ > みんなの体臭コラム > わきが全般 > わきが手術のメリット・デメリットについて調べてみた

わきが手術のメリット・デメリットについて調べてみた

わきがに悩まされ続けるのは本当に苦痛ですよね。
デオドラント商品を使って臭いを抑えることが出来たとしても使い続けなければ効果を持続させることが出来ません。
食生活を変えたりと体質改善に取り組むことによって臭いが軽減されても、効果が出るまでにかかる期間は短くなく食生活が戻ってしまえば臭いも戻ってしまう危険性も大です。

完全にわきがを治したいと思うのなら残された方法は1つ。
それは手術です。
でも、やっぱり手術っていうのは何となくの不安がありますよね。
だから手術を受けるかどうかを決める前にメリットデメリットの確認してみましょう。

わきが手術のメリット

わきが手術のメリット

手術を受ける最大のメリットは何と言っても「わきがが完治出来る可能性がある!」ということです。
もちろん手術以外にもわきが対策はたくさんありますが、クリームを塗るなどコレと言った対処をせずにずっとワキの臭いとサヨナラ出来るとしたら手術以外の方法はありません。
今現在、わきがと完全にさよなら出来ると方法を探しているのなら手術に頼るしかないんです。

わきが手術のデメリット

わきが手術のデメリット

デメリットは「手術を受ければ100%わきがでなくなれるわけではない」ことと「手術後の生活や体質に影響が出る可能性がある」ことです。

多くのわきが手術では臭いの原因となる汗を出すアポクリン腺を取り除きます。 でも受ける手術の内容次第では再発の恐れや臭いが完全には無くならない可能性があるんです。
目視を行いながらアポクリン腺を取り除く手術の場合は全ての汗腺を除去可能なのですが、完全除去出来るかどうかはお医者さんの腕次第となってしまいます。

アポクリン腺の完全除去を目指すなら剪除法という手術を選択することになるんですが、この方法はワキの皮膚を切開し裏返す様にしながら汗腺を取り除いていくんです。
手術が終わってからも痛みがある場合があり、しばらくは痛み止めが必要になることもありますし皮膚が完全にくっつくまでは動きが制限されてしまうことにもなります。
他にもワキの汗腺が減った影響が身体の他の箇所の汗腺に出てしまい、今まであまり汗をかかなかった場所からたくさんの汗をかくようになってしまった方などもいらっしゃいます。

どちらとも言えないモノも

どちらとも言えないモノも

お金に関することはメリットともデメリットとも言いにくい面があります。
手術も保険対応なら数万円で済みますし、対応外で数十万円が必要になる可能性もありますが手術をしないとすれば何年もデオドラント商品を書い続けなくてはいけないかも知れないからです。

最後は自分で決めましょう

最後は自分で決めましょう

手術を受けるべきがどうかは最後は本人が決めるしかありません。
メリット、デメリットを検討し、信頼出来るお医者さんと出会えるかどうかも大切です。
安易に決めたりせずじっくり考えてから決断をしてくださいね。

おすすめワキガ対策商品はこちら

その他商品をチェック

わきが対策ができる病院はこちら

その他病院をチェック

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

Q&A