においコンプレックスお助けサイト|ワキガ対策アカデミー

剪除法

剪除法とは、わきの下に数本の切り込みを入れて行う、わきが手術法です。どのような方法で手術を行い、どのような効果があるのか解説してみましょう。

わきの下のシワに沿って切るわきが手術「剪除法」

剪除法は、わきの下にあるシワに合わせ、斜めに数本の切り込みを入れて行う手術です。

4~5センチほどの切り込みからアポクリン腺を1つずつ医師の目で確認し取り除いていくもので、集中力と細かな技術を要します。

剪除法の施術はなぜ再発が少ないの?

わきがの原因といわれているアポクリン汗腺を、一回の施術でアポクリン線を除去するため、再発する可能性が一番少ない施術と言われています。またアポクリン線が再生するといったこともないようです。

ちなみに匂いの除去率は80%以上、発汗量は50%減少するとも言われています。また匂いには直接関係ないのですが、汗線と毛根が非常に近い位置にあるため、剪除法を受けた後は、わき毛が薄くなるという副産物的メリットもあるようです。

匂いの元を取り残して、再発、再治療で結果的に高くついてしまったなんて本末転倒ですよね。クリニックにはよりますが、保険診療が可能なクリニックもありますので、治療時には金額より治療後の効果や再発の可能性をよく吟味して施術を選ぶことが重要です。

剪除法の費用相場・保険適用の有無は?

剪除法は医師がわきがだと判断をすれば保険診療で受けることが出来ます。(クリニックによっては出来ない場合もあります。)

そもそも健康保険とは、病気になった時に皆で支えあおうという前提のもと作られている制度です。ですので、わきがの悩みを解決するために効果の高い剪除法は保険が適応されているのです。

自由診療の費用相場は300,000円程度に比べて保険診療で受けると約5万円程度の負担で済みます。高い金額を払えば効果が高いということではありませんので、なるべく費用を抑えて治療を受けられる剪除法をおすすめします。

しかし、全てのクリニックが保険診療を扱っているわけではないので、一度クリニックに確認をしましょう。

美容外科における剪除法の費用は、200,000~400,000円が相場のようです。

剪除法を受けた人の口コミ

以前からワキの臭いが気になっており、誰にも相談できずにずっと悩んでいたので、思いきって剪除法の施術を受けることにしました。施術前に打った麻酔の注射は痛かったですが、看護師の皆さんが優しく声をかけてくれたので、安心して治療に臨めました。1時間ほどで手術は終わり、10日目には抜糸を行いました。現在は傷口が回復し、ワキの臭いが気にならなくなりました。人目を気にせず外出できるようになったので凄く嬉しいです。これからは好きな洋服を着てオシャレを楽しみたいです。
術後は、クリニックで施術箇所であるワキをガーゼで固定してもらい、施術で縫った糸の抜糸を行ったりしました。傷跡は徐々に改善しています。現在は暑い時期でも匂いや汗が気にならなくなり、快適に過ごせています。こんなことならもっと早く施術しておけば良かったな、と思いました。

剪除法によるわきが治療のメリット・デメリット

わきがが改善する施術法「剪除法」のメリット・デメリットについて簡単に紹介しています。

メリット

わきがへの効果が非常に高い
再発が少ない
医師の腕が良ければ傷跡は残りにくい
わき毛も生えにくくなる

デメリット

×施術に時間が掛かる
×傷口が大きいのでダウンタイムが長い
×黒ずみが出来る可能性も
×多汗症への効果はない

剪除法はメスを使用する施術なので、医師の腕が非常に重要となってきます。

剪除法に関わらず、保険診療で安くわきが治療が行えるにしても、施術における効果やリスクなどについて前もってじっくり検討し、自分に合ったクリニックと方法でわきがを改善しましょう。

おすすめワキガ対策商品はこちら

女性のためのわきがデオドラント【ラポマイン】

これ凄い→ わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

【医薬部外品】ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリーム【初回980円】

その他商品をチェック

わきが対策ができる病院はこちら

ゴリラクリニック 男のワキの悩みならゴリラクリニック

ワキガ・多汗症治療なら【東京美容外科】

ワキの汗・ニオイのお悩み解決「ミラドライ」【東京プラチナムクリニック】

その他病院をチェック
Q&A